プロフィール

duckmac

Author:duckmac
真摯にチヌ釣りに取り組む
釣り倶楽部です。
神戸に拠点を置きながら、楽しい仲間たちと堂ノ浦・舞鶴・家島・
広島など広範囲に釣行へ伺い、
地元の温泉やラーメンを食べる
事を楽しみにしています。
波止場倶楽部 管理人

波止場倶楽部へようこそ!

ここを押してくださいね

カセ筏ランキング!目指せBEST10

ここからたくさんの情報を仕入れています。

本当に参考にしています。

釣りゲームです!

お時間がある時はどうぞ!


最新トラックバック

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

今年の初釣りはチヌの聖地 宿毛です!

2017-09-13

2017年9月7日~8日 高知県宿毛市 岡崎貸船センター

今年ももう9月、残暑もなく、台風も少ない年になっていますが、波止場倶楽部 川地会長と事務局で、西日本のチヌの聖地のひとつである、宿毛へ釣行しました。

事務局は今回で4回目 川地会長は初参戦でしたが、数日前に 兼松会長が年無しを含む、爆釣をされていましたので、期待に胸を膨らませての釣行となりました。ちなみに下馬評では『9月になると若干釣果が落ちる』という話でしたので、兼松会長の爆釣は心の支えになりました。
神戸を20時に出発し、急ぐ旅でもありませんでしたので、節約も兼ねて、龍野西インターまでは下道を走り、宿毛に着いたのは翌朝の3時でした。5時30分(岡崎貸船センターは日の出から日の入りまで営業)出船のため、駐車場で仮眠を取りました。

5時20分に奥さんが起きて来られ『どの船でもいいよ』と即され、早々に荷物を積み込んで出船。
※初めて来ていたころは高知弁がきつかったように記憶していますが、今回はほぼ共通語になっていて驚きです。

宿毛2017 (24)
朝日の宿毛湾  爆釣の予感

兼松会長のFB写真から、会長が船を着けたコワリを割出し、同じ場所から釣りを開始。(タッチ)
ところが、いきなり川地会長がダンゴを投入・・・。ここはダンゴ釣りではなく、コワリの縁を練り餌で狙うという説明をしていたのですが『俺は辛抱できん!』という一言でダンゴ釣りに変更。(笑)気持ちはわかります。

すると、いきなり川地会長の落下中の仕掛けに強烈な当たり!一気に持ち込まれ、合わせたところでラインブレイク。
『ハリスは何号?』と聞くと『2号』とのこと。※ここでは3号でないと切られるという話もしていたのですが…(笑)
宿毛の恐ろしさを実感された出来事でした。
その後、当たりが止まり、辛抱しきれず、ボートであちこち移動。

宿毛2017 (21)
兼松会長ポイントは、時合が来れば爆釣だったのかもしれません。 腕の差も如何ともしがたいのですが。

お昼過ぎに、内外に落ち着き、ペレットを撒いてダンゴを投入。掛かり釣り師はどうしてもダンゴを落としたい衝動に駆られます。
すると、これまでウロウロしていたポイントと違い、いきなり竿先に生命反応があり、送り出すと大きなアタリ!
上がってきたのは、年無し(サイズを測る際に逃げてしましました)サイズ。
そこから入れ食い状態に!

宿毛2017 (17)
宿毛2017 (19)

川地会長も、当たりの取り方をマスターし、年無し級を釣り上げ、ついに『ぼくちゃん、宿毛大好き~!』を頂きました。

宿毛2017
宿毛2017 (13)

初日は川地会長が3枚 事務局が5枚という(30cm台はすべて放流したので、実際にはもっと釣っていますが)貧果でしたが、年無し級が釣れたことで、楽しい釣りができました。

長いドライブと、早朝からの釣りで疲れていたので、この日はそそくさと宿(秋ホテル なんと2人で税込5,000円)で風呂につかり、地元の居酒屋で、高知名物を堪能。2日目に備えて早めの休息を取りました。

宿毛2017 (7)

2日目も、まずは内外で竿を下し、若干サイズダウンのチヌ 2枚を挙げたところで、地元の親切な養殖業者の方が『腕と運は別にして、チヌが湧いているところがあるから、ついて来るか?』とのお誘いを受けたので、仕掛けを挙げてついていきました。
なんとそこには50cm級のチヌ50匹以上が餌のペレットの群がり狂喜乱舞していました。地元の養殖業者の方も『色々コワリを見ているが、こんなに湧いてるのはここだけだ』をおっしゃり、コワリとコワリの間(宿毛ではご法度)に船を着けさせて頂きました。

結果はまた辛抱できず、川地会長がそそくさとダンゴ釣りを行い、底から根魚系を釣られていました。ダンゴを打ったので、この場所は諦め、また、数か所をウロウロ。最終は内外に戻って最終(雨天のため15:00には上がりました)まで、竿を出しました。
※次回はこっそり竿を出して大物チヌを爆釣したい場所です。

宿毛2017 (4)
2日目も年無し級を釣り上げられ、余裕で得意の昼寝釣法を行う川地会長。

宿毛2017 (12)
2日共に貧果ではありましたが、楽しい釣行になりました。 ちにみに毎回 真鯛がたくさん釣れますが今回はほとんど姿を見せませんでした。

宿毛2017 (3)
帰りの天然温泉こぶしのさと(泉質が最高!)で汚れを落として、神戸に向かいました。
釣行の詳しい模様は、YOUTUBEでアップします。
スポンサーサイト

釣果 コメント: 0 トラックバック: 0

倉橋マリンパークさんにリベンジ釣行!

2017-08-20

2017年8月13日(日) 広島県倉橋マリンパーク

8月13日(日)倉橋マリンパークさんにリベンジ釣行したので報告します。(森島虫餌部長談)

森島170813

6時前出船、14時迎えの短時間決戦。乗船は6名で、アジ、チヌ両狙いのフカセ釣の中、いつものように短竿のダンゴ釣りは自分だけ。
途中の弁天島にこっそり爆釣祈願し、今回は情島の近くまでだいぶ沖の筏に降ろされる。
潮は間もなく下げ止まりといったところ。

森島1708131

6時半頃第1投、オキアミで様子見を。
潮は緩やかに右から左へ流れる。ダンゴは多少つつかれる程度で活性は高くないが、いい感じのアタリあり、軽く合わせるも乗らず。
2投目もオキアミ。雑魚が寄って来たか、活性高まる。
おっチヌアタリ?迷わず合わせる。乗った!小さいな、フグか?
いや、この叩き方はチヌだ!小さめのチヌはよく走る!筏の下は牡蠣がビッシリで、お願いだからそっちに行かないで~!

そして銀色のナイスバディが見えてきたー…。

よっしゃー!キレイなおチヌ様じゃー!サイズは28㌢程度。2投目でゲット!こんなんでいいのかな?リベンジ完了!
あ~~ビールが美味い!

森島1708132

その後はフグの活性があがり、オキアミでは瞬殺、ハリス切られるしがん玉抜けるしで最悪。
コーンでフグが入れ食いに。やはり奥の内湾はフグだらけ。

やがて潮が止まり逆流へ。そしてあっという間に急流、鳴門状態でハリスは斜めからほぼ真横に。
これを待ってました!前回は大潮なのに潮がほぼ動かなかったが、やっぱりこれだ!活性高く、フグ、ボラを回避し底をとりながらてオオハワセ!
刺し餌はさなぎ、釣れる雰囲気ムンムンで手返しを繰り返していると、大袈裟なくらいの典型的なチヌアタリに大合わせ!
乗った!グイグイくる感じ、チヌに間違いない!今回は重い、まあまあデカイか。
約40㌢のチヌじゃー!

森島1708133


そこから更に大型のチヌをかけたが、今日の大きいサイズは少しのバトルですぐ筏下に走り、何度もラインブレイク…。
12時から納竿前まで地合いだつたが、何枚も筏下に潜られバラした。針、がん玉、ハリスとも消耗が多く、短竿では厳しい。
初の二桁いけたんじゃないかと思えるほど、明確なチヌアタリと引きだったのに、悔しい。
ラスト団子でもヒットしたものの、ラインブレイクで心が折れ13時過ぎで納竿。締め、ドブ出し処置で迎え待ち。

結局釣果は、28、40、38、41㌢の計4枚。
一応リベンジ完了。

森島1708134

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

広島帰省釣行報告 ー第1弾ー

2017-08-20

2017年7月22日 広島県 倉橋マリンパーク

波止場倶楽部で唯一、コンスタントな釣行を行う、森島虫餌部長からの投稿です。
誰もが憧れる『チヌパラダイス』広島県 倉橋マリンパークでの、激闘をお伝えいたします。

恥ずかし広島ネタを報告します。
7月22日倉橋マリンパークでお世話になりました。

森島170722

客は私を含めて2人。神々しい朝日を拝み、今日も釣れる!と確信。
今回多分初めての筏で、赤崎園の沖近く。
本日は大潮で、最近好成績の川のような急流を期待!
ところが、潮が動かない。
おかしいな、とっくに下げ潮になっている時間帯なのに…。表層がゆっくり動く程度。チヌアタリ皆無で、上がるのはクサフグばかり。ハリス切られるし、針ガン玉含めて消耗が激しい。おいおい、ボラも釣れんのかい!って感じのまま空しく時間だけが過ぎていく。

森島1707221

惰性でダンゴ落とし、サナギではどうせアタリないしと諦めモード。
不意に顔を上げて岸を眺めると、なんじゃこりゃ!いきなり穂先が〜
ではなく、潮が引いて護岸コンクリの下の岩場の更に下に砂浜が現れてるではありませんか!
干満差最大4m(船長確認)は尋常ではない。そう言えば、干潮下船時の急坂は確かに尋常ではなかった。
潮が動かんのにどうやって満ち引きを?奥の内湾は底に穴でもあるのかー!
と言うことで、いいとこなしのパーフェクトボウズ。
やれやれあかんですなぁ。
違う筏の同行の方も潮が動かず、岸を見ていつのまにかの引潮にまさにドン引き。
そんな中でも3枚上げたのはさすが!

森島1707222

活性の高いこの時期に、まさかのボウズで本当にへこみます。
でも来月も盆暮れ里帰釣行があるので絶対リベンジします。

未分類 コメント: 0 トラックバック: 0

年内最初の釣行記が7月!『波止場倶楽部』これからです!

2017-07-17

2017年7月9日(日) たつの市 住栄丸
671-1332 兵庫県たつの市御津町室津1328-10 電話番号 079-324-0351 Fax番号 079-324-0361
森島虫餌部長 改め 森島鳥取県支部長からの投稿です!

7月9日(日)住栄丸さんにお世話になりました。
ここはボラの生簀みたいで、昨シーズン初チャレンジの時、タモを折られた筏

森島1707081

6時出船、最終15時あがりの短時間勝負!
今日は釣行者2名で、筏は3基ある内の真ん中。
もう1人の方は沖の筏を選択。この辺りがホームグラウンドで堂浦にも遠征されるとのことで、雰囲気的にはかなり上級者っぽい方。
そして6時半頃第一投!
やはりここは活性高く、一発目からダンゴ突かれまくり!割れると一気に流され堂浦状態。ボラが釣れるとしんどいので、刺し餌はサナギ・コーン主体のローテ。
ボラは何でも突いてくる。またスレアタリが絶妙。そんなボラを避けて一気に這わす。
何投目かでモゾモゾアタリに合わせると乗った!
チヌ?首振るけどちょっと弱い?下へ下へと潜る…チヌか…。
ボラでしたー。

森島1707082
50センチくらいのボラは紛らはしい。

とその時、隣の筏もファイト中!かなり重そうだ。どつちだ?
チヌだー!デカイ!多分年無しだと思う。流石だ。やっぱり上手い人だった。それに比べて自分は…。
気を取り直してダンゴ投入。ダンゴは即割れだがアタリがなくなった。少し散ったか?
オキアミを投入してみる。ガツンとひったくられ、走る走る。巨ボラだ。何とか水面に上げてもタモとる間に潜られ、また両手で手繰り寄せ…を繰り返し、ようやくタモに収まる。何分かかっただろう。ダサすぎ。しかしデカイ。80センチは十分超えてる。
ボラ多いの分かってるのにさっきからボラと遊んでて恥ずかしいやら情けないやら。
今日もあかん日か。


刺し餌を戻し大きく送り込む。とにかく這わせてアタリを待つ。そろそろ巻こうかと思ったところでちょっとしたアタリ?
思いきって大合わせ!乗った!小さいが今度はチヌでしょう!でも違うかも…。
どつちだ?
チヌだー!ヨツシャー!

森島1707083
今シーズン初チヌ!綺麗なおチヌ、サイズは31センチだけど嬉しい~!

それからしばらく経って昼前くらいから地合になり、チヌは全4枚、サイズは31.30.45.43センチ。
チヌ4にボラ5は、我ながらよく我慢できたかなと。

森島1707084

やっぱりチヌのかかり釣は最高に楽しい!

森島1707085

釣果 コメント: 0 トラックバック: 0

波止場倶楽部2017年新年会

2017-02-06

2017年1月27日(金)  神戸市北区すずらんの湯 波止場倶楽部特設宴会場(自称)

毎年恒例の『波止場倶楽部 新年会2017』を、神戸市北区にある名湯『すずらんの湯』で行いました。
今回は、7名が参加 最高の露天風呂と美味しいお鍋を堪能しました。
気心の知れた楽しい仲間が集まって、近況報告や昔話に花が咲きました。

毎年お越し頂いていました、黒田さん・生川さん・ホルモンかずこと阪上さんは残念ながら所用で不参加。
ワッキーこと橋本さんと森島さんも次年度の参加、お待ち申し上げております!


久々の参加、高本も元気!

最近では、メンバーみんなで行う釣行会や合宿もめっきり減って、さみしい限りですが、そのような時こそ、メンバーが一つになるGOODSが必要という事になり、オリジナルGOODSを作成しました。
※GOODS希望者の方はご連絡ください(広島支部の皆様には追ってお送りいたします)


波止場倶楽部オリジナルキャップ!派手目を嫌うメンバーが多いので、敢えてLOGOは抜き文字で・・・


その分、ひさしの裏にも気を使っています。


素材も吸汗速乾性の高い超高級素材『DRYFIT』を使用。 夏場のムレムレ対策もバッチリ!
これで裏のサイズ調整位置に名前も入り \4,860-の驚き価格!


倶楽部メンバー必須のオリジナルPOLO。 昨年からの流行『赤抜きのレタープリント』と、BACKPRINTはおなじみのあのマーク。\8,500-


オリジナルDVDは『情熱大陸 料理人 足立昌隆』他 お楽しみ特典あり \5,940-

124
オリジナル 抜き文字シール 1枚/600円

125
抜型 波止場倶楽部LOGOシール 1枚/1,000円

これに、2017年スタンド型卓上カレンダーをSETにしました。

当日来れなかったホルモンかずこと、阪上波止場倶楽部広報部長に、一昨日、やっとGOODSをお渡しできました!
更に、いつも、ほぼ一人乗りのホンダが誇るスポーツクーペ『HONDA インテグラ TYPE-S』に乗られるので、単独釣行が多かったカズサンですが、驚くことに、みんなで釣りに行くためか?進化したコンパクトミニバン『HONDA フリード』に乗り換えられていました。かずさんの心意気にただただ感謝です!


さすが介護仕様のスペシャリティーカー!

TOPICS コメント: 0 トラックバック: 0

恒例 森島さんの帰省釣行 倉橋マリンパークにて

2017-01-09

2016年12月31日 広島県倉橋マリンパーク

明けまして、おめでとうございます。
波止場倶楽部 虫餌部長の森島です!

シーズンの締めくくりに、性懲りもなく廣島里帰り釣行した結果を報告します。
12月31日、倉橋マリンパークさんにお世話になりました。
海面には湯気が立ち上ぼり、幻想的な雰囲気の中を出航。
今年最後の日の出に暖かく包まれ、きっと今日も大丈夫!



大晦日だと言うのに合計8人が参加され、いつもながらここの皆さんは名人オーラを発しており、ただ圧倒され気後れしてしまう。
でも海は家島も鳴門も舞鶴も一緒。負けずに頑張る!
さて本日の作戦は、フグでもボラでもトラギスでも、とにかく雑魚を寄せまくって祭り状態にすること。そのための仕込みはバッチリダンゴに注入済!
後はそこからチヌだけを釣り上げる!
よっしゃ、やったるでー!

でも釣れるのはフグばかり。
今シーズンの総決算で、苦しいときに何度か釣れた技を駆使して粘る。
潮流に辛抱強く這わせてると、微妙なアタリ!少し穂先が入ったところで大アワセ!
乗った!重い!よく走る!でもチヌではない…。

フグだー。しかもお腹のスレ掛かり…。ハァ?
でもよく見ると、見覚えあるような…。居酒屋の水槽で…。
ああ、トラフグだー!食ったろか。でも死にとうない。

結局、惨敗。
オカズは大きめのチャリコだけ…。毎年のことながら辛い。去年のタコの方がウケたかも。



隣のフカセ師は、納竿前に地合いが来たようで、立て続けに三枚あげる。これがなかったらボウズじゃったわい、と。
船長も、いつもこの時期二桁あげる名人でも一枚しかあがらなかったとのこと。
厳しい状況でも一枚は必ず釣り上げる集中力と根性は流石。
実際、飯食うとる場合じゃなかったわいと、下船後の船長おしゃべりタイムに弁当開かれる。
最後に船長からチヌのお土産をいただく。本当にありがたい!家族には詳細を伝えていないが、何とか面子は保てた。
以上、いいとこなしの最終釣行でした。
しかし、眼前の情島や遥かに見える休山や灰ヶ峰等筏から見る故郷の景色には癒されまして、またチャレンジしようと思いました。

釣果 コメント: 0 トラックバック: 0

名古屋芸術大学 空手部OB会

2017-01-08

新年あけましておめでとうございます。

波止場倶楽部の広報部長をさせて頂いておりますホルモン・カズです。
本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年の2016年12月13日(火)~18日(日)にかけ、我が母校であります名古屋芸術大学 美術学部 空手部OB会での『第2回グループ展』が開催されました。

会場となりましたのは、愛知県名古屋市西区(JR名古屋駅より徒歩15分)にある『ノリタケの森ギャラリー』第2展示場であります。

ノリタケの森は、公園・レストラン・ミュージアムを含む複合施設でノリタケ カンパニーリミテドの工場跡地44,960㎡を改装・補強再利用し、2001年に開場したものです。
元々は1904年に設立された食器を生産する赤レンガ工場でした。商品はアールデコを基調としたハンドメイドの絵付け・繊細さが売りの陶器が主流で、当時欧米向けに大量輸出をされ絶大な人気を博したものです。



我々のグループ展は、2014年に記念すべき第1回目を執り行い、今回は参加総数14名が集まった前回をさらに凌ぐ力作揃いの会場と成りました。
入場者数も前回が名古屋の超一等地・栄(さかえ)でやったにもかかわらず身内を除く入場者数が10名ほどの情けないものだったのに対し、今回は期間中で469名もの来場者数があり17日(土)だけでも100名を越える大盛況ぶりでした。
(さすがは世界の『ノリタケ』です!)



グループ展参加メンバーは、元大学クラブの卒業生が主で同大学の前教授であり我が空手部の創設者でもあられる先生を筆頭に、現在大学で教授をされている先輩たち、プロの作家、美術館館長、多くは中学・高校の美術科教員で占められ、例外として約一名のみ美術とは全く何の関係も無い職業に就き、ド厚かましくてガラの悪い『変な関西人』が混じっての構成となっております。



40、50、60代のオッサン・爺(じじい)の集まりですが、毎回こうして名古屋で再会すれば、皆すぐにあの頃の学生時代にタイムスリップし、近況を報告し合ったり(うちの娘が今度結婚でさぁ~、定年まで後たった2年だぜ~など)親睦を深めることができるものです。


わたくし:ホルモン・カズの作品 タイトル名『命』 P10号( 53.0cm×40.9cm)キャンバスにアクリル絵具

毎日毎日辛い苦しい何の楽しみもない愚直な練習に耐え、拳の肉は擦り切れ中の骨が見えかけたり、毎日が打ち身捻挫との戦いで全身アザだらけ、降り積もった雪のグラウンドを裸足で駆けたりの日々。
恐ろしかった先生・先輩たちも今ともなれば、何者にも代え難い、生涯付き合っていける『真の友』、貴重な自身の財産です。

『有朋自遠方来、不亦楽乎』 友あり遠方より来たる、また楽しからずや



これからもこの仲間たちとの素晴らしい関係・人との出会いに『感謝』したいと思うホルモン・カズでありました。
                                ……つづく



TOPICS コメント: 0 トラックバック: 0

モンスターマシン 現る!

2016-12-13

2016年12月12日(月)   鴨工アトリエにて

チヌかかり釣り師が好んで愛用する道具入れにコンテナBOXがあります。
よく使われているBOXはリングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック(4,320円)や、メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-5000 SPカラー ブラック×マッドレッド.(5,292円)ではないでしょうか?

あまりに多くの方が同じ型のコンテナBOXを使われる為に、渡船でどれが自分のBOXかわからなくなった記憶がある方も少なくないと思います。

そこで登場したのが、『HATOBA MONSTER BOX 900』です。
通常のコンテナBOXの2倍収納で、更にキャスター付きで稼働も快適です。
(約)幅570×奥行295×高さ620mmは場所を取らない親切設計。

096 (3)
縦のベルトは万が一の為の付属ベルトです。

097 (5)
移動時には上部の取っ手が上がり、持ち運びしやすい設計。通常時は収納できる優れもの。

104 (4)
内蓋収納もついて、簡単な備品の取りやすさは抜群。
中はリール等を入れてもまだまだ入る大型収納でばっちり

106 (2)
最大の特徴は、セパレート構造という事です。下部には長靴や、集魚材、お弁当や防寒具など、使い方はあなた次第。
アタッチメントで取り外しも簡単。

101 (4)
さすがに、『これ、いる?』という、スペシャルギアBOXまで装備。がん玉?小物入れ?針? あなたのアイデア次第で、収納力も更にUP。※生餌(オキアミ、ボケ、ゴカイ類、貝類)は入れない方が良いでしょう。

102 (4)
下部の収納BOXは、タオルやティッシュなども設置可能。取り外し式なので、汚れた場合の洗濯も可能です。

その他、もちろん竿立てや、穂先収納等の付属設置も可能です。

これで加工前の本体価格 ¥3,980(+税)は目からうろこの大特価!

あなたも是非 他の人との差別化を考えているなら、この機会に『HATOBA MONSTER BOX 900』をぜひ、お試しください!

SCOOP コメント: 0 トラックバック: 0

FISHING遊 名古屋北店訪問記

2016-12-01

2016年11月29日(火) FISHING遊 名古屋北店

先日私は、わたくしホルモン・カズの母校があります愛知県は名古屋にちょっとばかし用事があって、行ってまいりました。
そのついで国道41号線沿いの「FISHING遊」名古屋北店にも久々に寄ってみると
何と!? おみゃーさん!
どえりゃ~でかなってしもて、どえりゃ~綺麗なっとるだがね~。おったまげただがや~。
トイレも前とちぃ~とばかし場所が変わってまって探すにどえらぁ往生こいちまっただがねー。
名古屋の御仁は、やる事スケールがデカーていかんわー。

161129_1730~01

お話をお伺いすると昨年7月に全面改装されたとのことで、フロアーは明るく導線も広くとられており、各メーカー充実の品揃えラインナップ!!
スタッフの方々はとても明るく親切で、店長にも撮影許可をお願いすると快く応じて頂けました。
社名は、アサヒレジャー株式会社(本社:三重県松阪市)と言い、東海地域に16店舗を構える社員数300名の超大型釣り具専門店です。

関西にも、いつもお世話になっているFishingエイトさんやフィッシングマックスさんといった充実の大型釣り具専門店がありますが、ここの店の特長は何と言っても【生きエサ】種類の多さです!
チヌ釣りにうるさいチヌ釣りにこだわる「名古屋の人」(略して:『名人』)を唸らす豪華さ!!
東海地方には関西人以上に『チヌ釣り』をこよなく愛す釣り人が多く、それは木曽川,長良川,揖斐川が流れ込むチヌが好む塩分濃度の低い最適な「汽水域河口」があるのと、チヌ釣りの“メッカ”とされる三重県にも比較的近いという好条件が関係しています。
まさに、代表的な太田川河口や豊かな瀬戸内の恩恵を受けた広島湾を有する“チヌ釣り大好き”県民!広島県民といい勝負をしそうです。

161129_1720~01
一般的に生き餌を豊富に取り揃えている店では、
●ボケ(スナモグリ)●シラサエビ(藻エビ,湖産エビ)●アケミ貝(磯シジミ)●石ゴカイ(ジャリメ)●青イソメ(青虫,朝鮮ゴカイ)●マムシ(本虫,岩虫,岩イソメ)といったところでしょうが、
(季節にもよりますが)それらに加えこの店では、
★カメジャコ(アナジャコ)★岩ガニ★砂ガニ★ユムシ(コウジ)★ストロー虫★チロリ(ギボシイソメ,スナメ)★赤コガネ★青コガネ★赤イソメ、といったエサが揃う釣りキチにはたまらない餌の宝庫なのです。
東海地域の釣り人が羨ましく思え、ますます『チヌ釣り』にのめり込んでいくホルモン・カズでありました。
つづく…

161129_1719~02

TOPICS コメント: 1 トラックバック: 0

森島虫餌部長!今年のツケを完済!

2016-11-13

2016年11月4日(金) 舞鶴市吉田 たかし丸渡船

11月4日金曜日、久し振りに舞鶴のたかし丸さんにお世話になりました。
吉田筏ではもう何年も釣れてませんが、ここで釣れると今シーズンは春先にボウズを食らったすべての筏でリベンジ完了します。



さて釣行結果。

6時30分出船。
いつもながらロケーションは最高で、全然釣れてないくせに妙に懐かしく安心感に包まれ、今日はいけるで!とテンション高まる。
まだ海水温高く魚の活性はまずまずだが、チヌアタリはない。
カワハギが多いのだろうか、たまにアワセるが何もあがってこない。
あっという間に昼…。
今日はかわいいアイガモ二羽が、ダンゴカスを食べに筏を回遊してくる。カモメと真逆で、愛くるしい顔や動きに癒される。



しかし、釣果は芳しくなく、やっぱり舞鶴は難しいなと、諦めモードで昼寝。
その後、さらに魚の活性が高まり、ダンゴがつつかれまくる。
そろそろか?
いきなり穂先が入り込み、容赦なく走り出す!とんでもない勢いで成す術なくラインブレイク…。
ボラ…。

何とか一枚だけでも釣れてくれとダンゴ投入し続ける。
シラサやオキアミ、アオイソメは瞬殺、コーンは生命反応なく…、サナギで勝負!
何度目かのアワセ損ないの後、ついに乗った!



32cmのチヌゲット!
薄い銀色のきれいなおチヌ様!待望の一枚!



その後もしばらくアタリはあったがアワセられず、その内生命反応なくなり、15時前納竿。
今シーズンは、まんべんなく釣れました!
初釣行から今年で8シーズン目ですが、ますます面白くなってきました。チヌのかかり釣り!

終わり

釣果 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

カセ時計

カセに揺られながら、ゆっくり 時間を忘れたい時あります…


あなたの釣り運を占います。こちらも無料!

今週末のあなたの釣りの釣果は?


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潮見表

これが理解できるようになれば、そこそこの釣り師です

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。